読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロントサイドエンジニアという選択肢

HTMLコーダー → ECサイト運営 → システムエンジニア という経歴の著者がフロントサイトエンジニアという職業に今後の活路を見出し、その道に進むために取得した技術を貯めておくブログ

(CSS)全てのブラウザにWebフォントを対応させる

CSS 覚書

Webフォントを全てのブラウザに対応させるためには、1つのフォントに対してeot、woff、truetype の3種類の形式が必要になります。@font-familyのurl指定は4種類記述します。

以下の例は、一行目にfont-family名を指定して、2行目から順にIEIE(互換モード)、最新ブラウザ、古いブラウザの順に対応するように記述しています。

<style>
@font-family: myFont;
src: url('myFont.eot');
src: url('myFont.eot?#iefix') format('embedded-opentype'),
     url('myFont.woff') format('woff'),
     url('myFont.ttf') format('turetype');
</style>