フロントサイドエンジニアという選択肢

HTMLコーダー → ECサイト運営 → システムエンジニア という経歴の著者がフロントサイトエンジニアという職業に今後の活路を見出し、その道に進むために取得した技術を貯めておくブログ

(Node.js)package.jsonについての覚書

Node.jsのサーバー側のディレクトリ内にpackage.jsonを用意しておくことで、色々な設定を行ったり、依存するモジュールのインストールを一括で行うことができます。

package.jsonの作成

package.jsonJSONファイルなので、自作することも可能ですが、npmを使うことで基本的な情報があらかじめ書き込まれたファイルを自動生成してくれます。コマンドプロンプト> npm initと入力すると、対話形式で情報を入力することになります。まず最初にパッケージ名の入力を求められます。> name:(default name) カッコの中はデフォルト値で、default nameの部分は処理を行っているディレクトリ名が入ります。デフォルト値で良い場合はそのままEnterを押します。

> Is this ok? (yes) y そのまま、入力を進めていくと、確認を求められ、YES(Y)と入力すると現在のディレクトリ内にpackage.jsonファイルが作成されます。

項目の追加

生成されたパッケージに変更や追加を行うことで、機能の追加を行うことができます。以下はその一部です。

private

"private": trueと設定することで、サイトを非公開にすることができます。スケルトンなどで作成されたサイトはデフォルトでこの値がtrueになっています。

scripts

npmコマンドの登録を行います。値の中身は{「コマンド名」:「実行されるファイル名」}で指定します。例えば、テストを実行するjsファイル「test.js」を用意して"scripts": {"test": "node test.js"}と記述すると、コマンドプロンプトからコマンドを入力するだけでテストが実行されます。 > npm test

dependencies

依存関係のあるモジュールを全てここに記述します。値の中身は{「モジュール名」:「バージョン」}の形で記述します。例えば、expressモジュールのバージョン3系を使用したい場合は、{"express": "3.x.x"}とします。また、最新のバージョンを使用したい場合は、ワイルドカード(*)を使用します。

"dependencies": {
  "body-parser": "~1.13.2",
  "cookie-parser": "~1.3.5",
  "debug": "~2.2.0",
  "express": "~4.13.1",
  "jade": "~1.11.0",
  "mysql":"*",
  "connect-memcached":"*",
  "morgan": "~1.6.1",
  "serve-favicon": "~2.3.0"
}

上記のように記述されたモジュールは、コマンドプロンプト> npm installと入力するだけで、自動的に全てのモジュールをダウンロードしてnode-moduleフォルダの中に格納してくれます。

公式ドキュメント

その他、詳しい内容については公式ドキュメント(英語)で確認することができます。
npmjs.com:https://docs.npmjs.com/files/package.json