読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロントサイドエンジニアという選択肢

HTMLコーダー → ECサイト運営 → システムエンジニア という経歴の著者がフロントサイトエンジニアという職業に今後の活路を見出し、その道に進むために取得した技術を貯めておくブログ

(Node.js)スタックトレースを任意の場所で表示させる

Node.jsでカスタムエラーなどを作成した場合、スタックトレースを取得することができません。console.traceメソッドを使用することで現在行われている処理を表示してくれます。

以下のサンプルはREPLでtraceメソッドを呼び出した場合です。引数はそのままラベルとして使用されます。
処理の順番は下から上に行われています。

> console.trace('test trace');
Trace: test trace
    at repl:1:9
    at REPLServer.self.eval (repl.js:110:21)
    at repl.js:249:20
    at REPLServer.self.eval (repl.js:122:7)
    at Interface. (repl.js:239:12)
    at Interface.EventEmitter.emit (events.js:95:17)
    at Interface._onLine (readline.js:202:10)
    at Interface._line (readline.js:531:8)
    at Interface._ttyWrite (readline.js:760:14)
    at ReadStream.onkeypress (readline.js:99:10)
undefined
>