読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロントサイドエンジニアという選択肢

HTMLコーダー → ECサイト運営 → システムエンジニア という経歴の著者がフロントサイトエンジニアという職業に今後の活路を見出し、その道に進むために取得した技術を貯めておくブログ

(Mongo DB)MongoDBの基本 ドキュメントの検索

MongoDB起動後にコマンドプロンプトからシェルを起動して操作します。
ドキュメントの検索はfindメソッドを使用します。基本的な呼び出し方法はdb.collection name.find({key:value})といった形になります。引数に検索するキーワードをセットします。キーワードの基本的な指定方法は以下のとおりです。

・nameの値がhogeの場合
{name:"hoge"}

・nameがhogeまたはfugaの場合(OR検索)
{$or:[{name:"hoge"}, {name:"fuga"}] }

・nameがhogeでageが20の場合(AND検索)
{name:"hoge", age:20}

・nameがhogeではない場合(NOT検索)
{name:{$ne:"hoge"}}($neは「!=」の意)

・ageが20以下の場合
{age:{$lte:20}}($lteは「<=」の意)

・ageが20未満の場合
{age:{$lt:20}}($ltは「<」の意)

・ageが20以上の場合
{age:{$gte:20}}($gteは「>=」の意)

・ageが20よりも大きい場合
{age:{$gt:20}}($gtは「>」の意)

・weightという値が存在する場合
{weight: {$exists: true}}

・weightという値が存在しない場合
{weight: {$exists: false}}