フロントサイドエンジニアという選択肢

HTMLコーダー → ECサイト運営 → システムエンジニア という経歴の著者がフロントサイトエンジニアという職業に今後の活路を見出し、その道に進むために取得した技術を貯めておくブログ

(Mongo DB)windows7にMongoDBをインストールした時の覚書

自宅のWindows7環境にMongoDBを入れた時に色々とハマったので、今後必要になることはおそらく無いと思われるが、念の為に書き留めておきます。

Windows7のアップデートを行う

公式のインストールガイドを見ると、Windowsに修正プログラムのインストールを行うように書かれているので、アップデートを行います。
f:id:jmqys:20150817143606p:plain
但し、任意での修正になるので、自己責任であることを承認します。その上でメールアドレスを登録すると、ダウンロードURLがメールで送られてきます。
ダウンロードすると以下の様なzipファイルが手に入るので、解答して実行します。
f:id:jmqys:20150817144753p:plain
インストールが完了したらMongoDBのインストールに移ります(念の為に、この段階で一度Windowsを再起動したほうがいいかもしれません)

MongoDBをダウンロード

インストーラーは公式サイトからダウンロードします。
Downloads - MongoDB 2015年8月現在では4種類のインストーラがあります。Windows7の場合は「Windows 64-bit 2008 R2+」をダウンロードします。
f:id:jmqys:20150817145854p:plain

インストールと設定を行う

公式のインストールガイドにも初期設定方法が書いてありますが、「MongoDBの薄い本」というドキュメントを見た方が判りやすかったので、こちらを見ながら設定を行う事をおすすめします。
MongoDBの薄い本(The Little MongoDB Book) - cuspy diary

上記ドキュメントで紹介されている内容の、基本的な流れは以下のとおりです。

  • mongodb.configファイルを作成
  • mongodb.configにdataファイルの場所を記述
    (dataファイルの場所は任意、自動で生成される)
  • mongod.exeを起動
  • mongo.exeを起動
ここでつまずいた

私の場合、コマンドプロンプトでmongod.exeを起動した段階で、入力を受け付けなくなったためmongo.exeを起動出来ない状態になりました。当然ですが、一度コマンドプロンプトを閉じて、いきなりmongo.exeを起動すると以下のようなエラーメッセージが表示されます。

Failed to connect to 127.0.0.1:27017, reason: errno:10061 対象のコンピューターによって拒否されたため、接続できませんでした。

解決策としては、mongod.exeを起動した後、再度コマンドプロンプトを別画面で起動し、mongo.exeを起動したところ、無事にMongoDBが起動して動かすことができるようになりました。