フロントサイドエンジニアという選択肢

HTMLコーダー → ECサイト運営 → システムエンジニア という経歴の著者がフロントサイトエンジニアという職業に今後の活路を見出し、その道に進むために取得した技術を貯めておくブログ

JavascriptにIsNullOrEmptyは必要ない

タイトルのとおりです。C#などでおなじみのIsNullOrEmptyはJavascriptでは必要ないようです。

Javascriptでは、オブジェクトは必要に応じて自動的に型変換が行われます。
例えば、文字列をif文の判定に使用するとboolean型に自動変換され。その際、空文字とnullはfalseに、値が入っている場合はtrueとなります。

// 空の文字列
var strEmpty = "";
// Null
var strNull;

if(strEmpty)
{
    // 空文字なのでここには来ない
};

if(!strNull)
{
    // 否定なので、null時にここに来る
}

また、文字列のみではなく数値やオブジェクトの場合も同様の挙動となります。
ちなみに、数値の場合は、0やNaNがfalseに変換されます。

注意点

以下のように使うとtrueになってしまうので注意です。

var checkValue = new Boolean(false);
if(checkValue)
{
    // 値ではなくオブジェクトが存在するかどうかで判定してしまうので、true判定になります。
    // 値で判定したい場合はcheckValue.value で判定します。
}