読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロントサイドエンジニアという選択肢

HTMLコーダー → ECサイト運営 → システムエンジニア という経歴の著者がフロントサイトエンジニアという職業に今後の活路を見出し、その道に進むために取得した技術を貯めておくブログ

Adobe Brackets を使ってみる

Javascript のエディタで、なにか良いものは無いかと探してみたところ、Adobe のBrackets というソフトの評判が良かった。
といっても、Javascript専用のエディタではなく、HTMLコーディングのためのエディタで、CSSJavascriptにも対応しているとのこと。
とりあえずインストールしてみる。

  1. ダウンロードサイトにアクセス
    http://brackets.io/
  2. 最新版をダウンロード(2015年6月18日現在では1.3)
    f:id:jmqys:20150619160335p:plain
  3. ダウンロードしたインストーラーを起動したらウィザードが始まるので、そのまま従っていけばインストール開始
    f:id:jmqys:20150619161423p:plain

インストールは2~3分で修了。自動で起動しなかったのでスタートメニューから起動したら無事に起動。サンプルが表示される f:id:jmqys:20150619162602p:plain
ちょっと触ってみて気がついたところ

  • ローカライズされているので、言語を選択すること無く、デフォルトで日本語で表示される。
  • ライブプレビューという機能があって、プレビュー表示しながら編集ができる
  • インテリセンスは使えるが、CSSクラスまではカバーされていない
  • htmlソース内でタグを右クリックして「クイック編集」を選択すると、その場でCSSの編集ができる
  • LESS AutoCompileという拡張機能を使うとLESSが使用できるようになる。コンパイルも自動でやってくれる